ナレッジ

タイピング奥義

中級レベルからのタイピング上達法
仕事術

 中途半端なタイピングだと、結局、紙などへのメモに頼ってしまい、情報が分散化してしまいます。それにより仕事のトータルの効率が下がってしまいます。タイピングのスピードを早くすることで、頭に浮かんだアイデアを素早くデータ化することができ、次の発想へと転換していけます。また途中で思考が途切れるということも防いでくれます。

ホームポジションをキープしていますか?

 ホームポジションはタイピングの基本になります。「F」に左手の人差し指、「J」に右手の人差し指が来るように手をキーボードに添えます。キーボードを見ないでホームポジションに持っていくには、キーボードの「F」と「J」に出っ張りがあるので、人差し指で触って確認することで容易に正しい位置へ手を持っていくことが出来ます。

キーボードを見ないで打ってますか?

 最初は速さは問題でなく、キーボードを見るクセをなくすことが大切です。
キーボードを見ながらのタイピング速度には限界があり、特に漢字変換の時に画面を頻繁に見る必要があるため、キーボードを見てタイピングをしていると大幅な時間のロスになります。見ないで打てるようになれば、あとは自然とスピードが上がってきます。

ミスを無くし正確にタイプする

 ミスをするとキーボードの端に配置されているバックスペースキーを押す必要が出てきてしまいます。それだけで単純に考えて1タイプのロスになります。
また、ある程度慣れてきて速さが出てくると、先まで読んで流れるようにタイピングするので1文字の間違いで流れが止まってしまうと、大きなロスになります。
実際、早く打とうとしてたくさんミスを出すよりも、ゆっくり丁寧にミスを減らすほうが、結果的に早いことのほうが多いです。
速さは、正確に打てるようになれば自ずとついてきます。

繰り返し行う、常に意識をする

 タッチタイピングは短時間で習得できるものではありません。あきらめずに繰り返すことが大切です。
「練習すること」は大事ですが、そうでなくても日々タイピングを行う際に以上のことを「心がける」だけでスキルアップにつながってきます。そしてそれができることにより、一瞬にして思考やアイデアをテキスト化できるチカラを持つことができ、より創造性のある仕事ができるようになります。